雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

人と比べない考え方を身につけたい

こんにちは、すまいるです。

今日は、私が身につけたいとい思う考え方のうちの1つ、

人と比べないこと

について書きます。

 

 

辛かった大学時代、私は人と自分とを

比べてばかりいました。

あの子はこんなにできるのに、

あんなに楽そうにこなしているのに。

自分は何もできてない。

そんな風に思ってばかりでした。

その時期、高校時代の友達に会えば

皆が楽しそうに見えて

自分には何もない...と思っていました。

 

そんな私が人と比べないようにしたいと思ったのは

自宅で過ごすひとりの時間が増え

あるサイトの言葉に出会ったことです。

「人は一人一人違う。

育った環境も、性格も、考え方も、運、能力だって

みんな違うのだから。」

「比べるなら、過去の自分と」

と書いてありました。

これを見て、

私と全く同じ人はいないし、比べる基準がないよな...と納得。

 

この「人は一人一人違うのだ」という考えは

とても大事だそうで。

 

人と自分を比べてしまうのは、不安だから。

持っているものやしてきたことで自分をアピールして

心の平穏を保とうとします。

そうして自身のなさを埋めようとします。

また、劣等感や自己否定が強い人ほど、(私もそれです)

人を比較して上下関係・縦の関係で見てしまうそう・・・

そして人を見下すように見てしまう人は、

自分のことも知らずのうちに

卑下してしまうのだとか。

 

私も自分と人を比較して、自分はだめなんだ・・・という

負のループに陥りやすいです。

でも、この「人は一人一人違う」という

前程とも言える考え方を、頭に入れられたらいいと思います。

 

まだまだ比べてしまうことがありますが

この前友達が就職活動や大学生活を頑張っているという話を聞いて。

素直にすごいな、頑張っているんだなと思えたのです。

それに比べて私は、となってしまうところを抑えるよう、

意識して気を付けてみました。

そうすると、人と比べて起こるしんどさはほとんどなかったのです。

 

 

思考を変えるって、大変ですよね。

ましてやずっと頭の中にある概念を変えるのですから

エネルギーがいります。

そのまま人と比べる考え方をするのは、

ある意味の

逃げ道となるのかもしれない。

でも比べて自分を見下していたら、本当に辛くなってしまうのです。

それを知っている私は、ちょっとずつでいいから

考えの偏りを、歪みを直していきたいと思っています。

 

人と比べないことも、直したいことの一つ。

今日はそのことについて書いてみました。

 

 

 

ブログ初心者で、読みにくい文が多々あると思います。

読んでくださってありがとうございました。

 

 

@suma.iru_

 

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/jefgldffv96y/