雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

趣味がないと思ってた私でも見つかった話

私はつい最近まで、趣味というものを持たずに過ごしてきました。

さいころからの習い事は、高校生のときにやめてしまったし、

読書は好きだけど、それほどまでに好き!というわけでもない。

お菓子作りはするけど、これも得意というほどたくさん作るわけでもない。

そんな感じでした。

 

趣味がないって、結構困るんですよね。

例えば人との会話で好きなことは?って聞かれたとき

自信をもって答えられない。

暇だな~と思ったとき何もすることがない。

 

私は趣味がなくて最も困ったのも、

家にいても何にもしたいことがない・・・

ということでした。

うつのせいもあるかもしれませんが、

自分には何も好きなことないんだ、と思い込んで

寝たくったりして、そのことでも落ち込みました。

 

 

どうしても趣味がほしくて

ネットで「趣味」と検索してみたり

インスタグラムでも #趣味垢

など探って見まくったり。

ネットサーフィンばかりしていました。

でもありとあふれる趣味を探しても

何もピンときませんでした。

 

どうして何もピンとくるものがなく、見つからないのか…

今思うと私の場合

「楽しいことなんかなにもない、何もかもがつまらない」って

悲観していたからだと思います。

理由は、例えば自信をなくしていたから

元気がなかったなど色々あるとは思いますが

一番は自分の「何もない」という思い込みだったと思います。

 

そんな私がどうやって見つけたのかというと

  • 趣味が欲しい!と強く思ったこと
  • 生活の中で趣味を見つけていこうと思ったこと
  • 焦らず探せばいいと思ったこと

このように考えられたのが良かったのかと思います

 

まず私は、毎日書いている日記に着目していました。

前から私は自分の気持ちをノートに書くことを始めていました。

その日記を丁寧に書いていこうと思ったのです。

すると、少しづつ書くという作業が心地よく感じることに

気付きました。

書くことに熱中していたら、万年筆や万年筆のインクに

興味が湧くようになりました。

早速pilot社のKakunoを手に入れ、インクも探してみました。

日記のノートを見ていると、なんだか殺風景だな、

と気付きました。

そこからマスキングテープでデコレーションすることを

思いつきました。

マステ集めは自分にすごく合っていてすごくハマりました。

今では雑貨屋や文房具屋で好みのマステを探すのが

すごく楽しみです。

今は日記もそうですが、好きな言葉や格言などを書き出して

マステでデコレーションして、それを眺めたり、

インスタグラムのストーリーにアップしたりしています。

自分の書いたものがたまった一冊のノートを作るのは

すごく達成感がありますよ!

書くことは私にとって心が落ち着くこと。

そんなものを見つけられて良かったです。

 

もう一つ私の好きなことは、カメラです。

カメラで写真を撮りたいと思うようになったきっかけは

たまに取り組んでいたお菓子作りです。

スマホで作ったものを撮っていた時

もっとこのお菓子の表面・断面がきれいに写った写真が撮りたい、

と思いカメラ購入に至りました。

カメラを買ったら、なんだか身の回りの世界が

変わったような気がしました。

まだカメラ超初心者ですが、

一眼レフならでのきれいな写りの虜になりました。

料理写真が好きなので、いつかは単焦点レンズも欲しいなと思ったり。

お菓子以外に、パン作りにも挑戦するようになったり。

楽しみが広がりましたよ。

それから、カメラを買ったおかげで散歩も

よく行くようになりました。

主に花の写真を撮るためです。

一眼レフでは、野の花の写真まで綺麗に撮れます。

今ではカメラを持ってお出かけするのが楽しみで

ここに行ってみたい、という場所も増えました。

 

こんな風に、私の楽しみが広がっています。

身近なところに何か楽しみがあるかもしれない…

とアンテナを張ってみることが大切だったのかな。

楽しいことがない、の思い込みはやっぱり

いけませんね。

 

これからも、何か新しい楽しみを見つけたい

と思います。

 

インスタグラムもやっています。

よかったら覗いてみてください。

@suma.iru_

 

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/jefgldffv96y/