雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

あれこれ気にしながら話す私

 

人と話すときは、すごく神経を使ってしまうので

苦手に思っています。

なぜなら…気にすることが多すぎるから。

自分が喋っているとき、いろんなことを

考えてしまいます。

  • 変なこと話していないだろうか
  • 相手に~のように思われたらどうしよう
  • 相手はどんな反応をするだろうか
  • 相手を傷つけていないだろうか
  • これは聞いても大丈夫だろうか

 

ということです。だからいつも

自分の言うことに自信がなく、話すのが怖いです。

きっと内容がたどたどしく聞こえることもあるでしょう。

 

だから一人でいる方がまだ楽かもしれません。

でも、話さないといけない場面ってあるし

ずっと一人でいるのはさみしいから

がんばって話さなきゃ、そんな風に思います。

 

今回は人と話すのが怖い原因について

調べてみることにしました。

interaction-2.com

この記事をよんで目にとまったのは

自分の思ったことを相手に映し出している。ということ。

例えば自分がこの話はつまらない、と思うから

相手も自分と同じようにそう思うだろう

と考えてしまうのだそうです。

 

確かにその通りで、私は話すとき、いろいろ気にする一方で

こんな話してつまらないだろうな、聞いてもらって申し訳ないな

聞くの嫌だろうな・・こんな風に考える節があります。

 

話すことが苦手と思うのには

自分の自己肯定感にも関係しているのだ、と知りました。

自己肯定感の高め方は、ネットでも調べるとたくさん出てきますが

どれも「その通りだけど、なかなかできないんだよな~」

と思う難しいことばかり。

だから話すことが苦手という意識も

簡単には変えられないだろう・・

こんな風に思うと気が遠くなります。

 

私としては、この気にしすぎてしまう自分を

それでもいいよって思えるように

考え方を変えていきたいところです。

やっぱりどこかで、気にしすぎてうまく話せない

自分はいけないんだって考えていると思うのです。

でもそれ自体はいけないことではないはずで

少しづつそれでもいいよって思う練習をしていきたいと思っています。

 

もちろん、気にせず話せるようになるのが目標ですが

それを達成するには

もし自分の思った通りに話せなくても

気にしながら話しちゃっても

それでもいいって思うことが先のような気がしています。

この自分を認めずに、話せるようになることは

ないような気がするのです。

相手は自分の言うことをそこまで気にしてない

と頭で唱えて、努力して話そうとすることが必要なことも

あるかと思いますが

この場合だとどうしても私は

今の自分ではいけない、と思い余計萎縮してしまうのです。

 

まずは自分を認めることで

落ち着くことも増えてちょっとずつ慣れていけるのではないか・・

そんな風に考えています。

 

話すのが苦手と思う人は

そんな中で人と話す機会を持てた、自分の意見が言えたということを

もっと褒めてあげてもいいですよね、きっと。

自分のできたことに着目して、褒めてあげられたらいいな。

 

今回は話すことについて書きましたが

自己肯定感は不安の対処や悩みなど

本当に多くのことの鍵になっているなと思います。

 

うまく話せない自分のことを責めたりしない

私になりたいです。

 

 

 

 

. . .

. . . 

インスタグラムもやっています。

よかったら覗いてみてください。

https://instawidget.net/v/user/suma.iru_

 

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/jefgldffv96y/