雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

普通ってなんだろう

最近、、思ってしまったことに、つぎのようなことがあります。

 

「普通に学校に行けて、普通に働ける、平凡な人になりたかったなあ」

ということ。

 

私は大学も続けられなかったし、今、働くことさえはじめの一歩からもう苦労して、怖く思ってしまっている。。と完全なネガティブモードです。

 

友達は、学校はもちろん行き、就活をして、バイトでバリバリに働けてるのに。

気をつけないと比べそうになってしまいます。

 

ここで思うのが、普通に過ごすってなんだろうってこと。

普通っていうのはありふれたもの、当たり前のものですが、それは個人の感覚によって曖昧なものです。

 

でも大学を出る、就職する、定職につく...などなど一般的(普通)のレールがあって。でも、普通、のはずがいつのまにか理想、みたいになってしまっていて。

 

きっと例え、私が大学を出られて、働くのが怖くなかったにしても、満足できるわけでなく、なんだか更なる望みが生まれてきそうなのです。

 

がんばって冷静に考えてみると、

やっぱり大切なのは 今自分にできることをする

ことなのかなあ。そしてできることをしているのなら、人と比べたり自己否定する必要も、本当はないのだろうな。

人によって、できることも、キャパシティも違うのだから。不得意なことだってあるのだから。

 

私みたいに、働くのが怖いなら、少しでもその気持ちを小さくできるように工夫すること。

まずはきちんと仕事場に行く。できることを一生懸命にやる。

それが大事なのかなと思います。

 

 

今までの経験が、トラウマが頭をよぎって辛くなるときもあるけど。

また新しくスタートするんだ、と思って。

ゆるくでいいからがんばってみよう。

 

 

 ぽちっと押していただけると励みになります

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村