雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

小さな幸せを大切に

私の身につけたい考え方の一つを、また紹介したいと思います。

それは、小さな幸せに気付く、ということです。

 

半年ほど前まで、今のような生活をしていても

ずっと思っていたことがあります、

「何もかもがつまらない…」と。

この時の私は、なんだか捻くれた考えもたくさん持っていて

楽しいことなんか何もない、何もかもがつまらない。

こんな考えで物事を見ていました。

どうして、毎日幸せに思えないの?と考えていたのですが

原因は自分の偏った見方にあったと今では思っています。

 

メンタルヘルスや幸せについて調べたり、考えたりしているうちに

私はある程度の今環境が恵まれていると思うならば

幸せは自分の見方で変わるものだと感じるようになりました。

 

既にある幸せに、今の幸せに、気付けると幸福度が高まることも調べて得たことです。

また、今の毎日がつまらなかったら、自分の行動を変えるサインであることも知りました。現実を変えるのは自分なのだと。

 

ある格言のなかに、こんな言葉がありました。

 

弱いとか強いとかではなく、ある程度、自分の幅や器を理解して受け止める。

自分ってもののさじ加減、自分ってものの定規がしっかりできれば、幸せの尺度も見えてくる

 

これを見て、ないものねだりばかりすることは間違っていて、ある程度、こんなもんだよなって自分で満足を得ることも大事だと思いました。

 

また、人と幸せは比べられるものでは決してなくて、見習うのは幸せの角度の考え方であることを知りました。

小さなところに幸せを見つけられるあの人、を見つけ学んでいきたいと思います。

 

 

 

どんなことにも、小さな幸せはあると思って感謝できる人に。

そうすることが日々を丁寧に過ごす第一歩だと思うのです。

 

 

ぽちっと押していただけると励みになります

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村