雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

自分は頑張ってない、と思う時

最近感じたことに、

「私はなんにも頑張っていない...」というのがあります。

これについて考えてみます。

 

冷静になってみて思ったのですが、自分は頑張っていない...と思うのは、人と比べてしまっているときなのです。

あの人はこんなにできるのに、がんばっているのに、自分はなんにもできていない。

そう思ってしまいます。

 

過去に、人と比べない考え方を身につけたい、という記事を書きました。

その時に学んだのは、比べるのは過去の自分と、ということ。

 

確かに、過去の私と比べてみると、

かつては何にも楽しめることもなく、楽しいことなんてないと思い込んでいました。

それでも今は小さな楽しいことを見つけようとしています。何もなかった趣味だって沢山増えました。

働くのが嫌で、仕事を探すのも嫌だった以前ですが、今は不安を感じながらも探しています。

 

完全に私基準の比べ方で、自慢できるような頑張りではありませんが、それでもちょっとだけ進歩してはいるのです。

 

それでも、まだ今の自分を受け入れられません。

沢山働いて、自立した生活をしたいって考えてしまうのです。

 

これについて、客観的に見てみると、頑張るやり方、というのがあるのかなあ、と思いました。

例えば仕事を探してる時点で、私は働いてないからダメだと思うのは、ちょっと違うのかな?ということ。

仕事を探しているのならばそれでいいのではないか、と思うのです。

 

 

とは言え、やっぱり難しいですね。

自分の状態をなかなか受け入れられません。

どうしたら満足できるのだろう...。

 

まだまだ模索中です。

 

 

ぽちっと押していただけると励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村