雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

友達について思うこと

学校というものに通うことはなくなり、今までの中高・大学のことを思うと友達関係が変わってきたと思います。

 

グループを作らなきゃ、1人でいるのは嫌だと必死だった学生時代。

 

それに焦ることはなくなった今は、少し考えが変わって、一人でも楽しめるようになりたい、自信持って行動したいと思うようになりました。

 

もちろん学生時代の友達は大切です。でももう頻繁には会えなくなりました。

 

友達ごとに、この人といるとこんなことが癒される、などと一人一人違って。

たまにしか合わないけど、友達の近況を聞いて、大変なのは自分だけじゃないんだなと思ったり。

 

私は聞き役のことが多くて、自分の思いを100%伝える、ということは難しいです。

でも、相手が喋ってくれるっていうのでもいいのかな。と最近やっと思うようになりました。私は聞き上手になればいいのだと。

 

今でも会ってくれる人は交友関係の少ない私にとっては貴重な存在です。

 

 

最近は色々なご縁があって、学生時代の友達でなくても、大切な関係にしていきたいなと思う人が増えました。

 

これもとても嬉しいことで、学生時代には考えられなかったことです。

過ごしてきた環境が違っても、新たに心通わす相手ができたことを幸せに思います。

 

 

自分と家族以外に、大切にしたい人がいる、というのは喜ばしいことですね。

 

 

友達の数について、決して競ったりするようなことではないと思うのです。

自分にとってどれだけ大切か、それが大事だと思っています。

 

私は喋るのは苦手ですが、友達を大切にしたい思いはあるので、それは伝えられたらと思います。

 

 

 

ぽちっと押してくださると励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村