雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

自信を持つために


皆さんは、自分に自信を持っているでしょうか。

今日は自信をつける方法について考えてみます。

 

www.venturmanagement.com

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

 

自信を持つ・自信回復の18のヒント、より

特に私が印象に残ったものを紹介します。

 

〇「競わない。比べない。自分が今できることを精一杯やろう。」を意識する。

 

他人が自分よりも進んでいると、焦ったり、自信がなくなってきます。

この考えの払拭は大切です。そうなった時でも自信を持つには上記の言葉を言い聞かせること。「自分」だけ「今やれること」に心を集中させましょう。

 

 自分ができること、精一杯やったらいい。そう思わせてくれます。

自分のことが受け入れられなく、比べてしまうこともありますが、本当は日々一生懸命であればそれでいいような気もするのです。

受け入れられないときこそ、「今やれること」を意識しなければなと思います。

 

〇自分の思い込みを知り、外す

 

自信がなくなったとき、頭の中で作っている言葉が自分の枠、固定概念を作っている言葉になるのです。

 

頭で考えているはずだけの自分を卑下する言葉は、いつの間にか自信も低下してしまうののですね。

思考が現実になる、はその通りなんだなと思います。

 

〇自分をスクリーンに映して遠くでみているような気分で、他人のように見る

 

ゆっくりリラックスできる状態で、目を閉じ、今の自分をスクリーンに映してと遠くで見ているような気分で、まるで他人のように自分を見てみましょう。

そうすれば、固まった思考、主観から解放されて、「こうすればいいのに」と不思議と対処法が見えてきます。

 

自分のことになると、どうしても思い込みやこだわりが強くなり、冷静な見方ができないときってありますよね。そんなとき、この方法を頭に入れておけば客観的になれそうです。

 

 

以上が自分が印象に残ったものです。

ここに書いたものは、失いかけた自分を取り戻すためのものです。

やはり本当に自信をつけたいのなら、チャレンジをして自分にとっての「できないと思う壁」を超えるような努力も必要だと思うのです。

チャレンジしようと思えたことや、できたことを褒めるのを忘れず、少しずつ経験を積むことが大切だと思っています。

 

以前にちらっと書いたこともありますが、たとえ挑戦するのに時間がかかっても、自分を責めないでほしいと思うのです。

そのことで自己否定してはますます自信が奪われてしまうと思うから。

 

たくさん悩んで決めて達成できたことは、自分にとっての力になるはずだから。

 

 

自分を大切にして、信じて、挑戦できますように。

 

 

ぽちっと押していただけると励みになります

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村