雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

精神的な病気で悩む人の就職支援を調べてみた

精神的な病気で悩む場合、一般での就労は難しい場合が多いと思います。

 

私もまだ一般的な働き方に自信がなく不安が強いことから、サービスを調べてみました。

 

 就労移行支援 という制度です。

 

対象者は

①原則18歳以上65歳未満の方

➁身体障害、知的障害、精神障害発達障害や難病の方

③一般企業の就労を希望し、就労が可能と見込まれる方

となります。

これらの方が利用でき、

働くための知識や能力を身に着けることができる、

福祉サービスが就労移行支援です。

 

学校のように通いながら就労移行支援サービスを受けることができるのが、就労支援事業所です。

 

これらの事業所に入所する場合は、

市役所等で受給者証が必要になるそうです。

 

受給者証を申請するには

・主治医の診断書(または意見書)

・印鑑

・免許証等の身分証明書

マイナンバー

 

が必要です。

 

具体的にどこようなことをするかというと、

事業者によって違いますが

 

 

・実務訓練

パソコンでの打ち込み、翻訳ソフトでの翻訳業務、販売業務

スキルアップ訓練

資格取得、コミュニケーション能力の向上

・職場での実習

清掃作業、販売・工場での実習

 

これらの経験を積みながら、支援員のサポートを受けて就職活動をします。

 

就職活動には、自己理解や就業相談、履歴書作成や面接指導なども含まれます。

 

 

 

私は利用するかは考えてませんが、このような制度を利用できるというのを知っておくのは良いと思いました。

 

 

ぽちっと押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村