雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

前を向かなくちゃ

ちょっぴり暗い話になってしまうのですが

思うことがあるので綴りたいと思います。

 

 

昨日私は習い事に行ったのですが

誰かと話すことや 他の人の話を聞いているだけでしんどく、居づらく思ってしまいました。

 

なんだか疲れてしまい、傷ついてしまい、なんでこんなことでこんなに感じて生きづらいのだろうと感じ、辛いなと思いながら寂しく帰りました。

 

 

私には相談をし合う相手であり大切にしたいと思う人がいます。夜、 自分の感じたことをメッセージで話しました。

 

 

メッセージなので相手がどう感じたかはわかりかねます。ですが私の気持ちを否定せずに聞いてくれました。

 

 

慰めてくれましたし、一人ではなく見守ってくれる人がたくさんいるのだから、と言ってくれた意味もよく、わかりました。

 

 

けれども私が一番 悲観しすぎないようにいかなきゃなと思ったのは

相談に乗って励ましてくれた人もなお、辛さを抱えながら日々過ごしている ということでした。

生きづらいと思う私と 一緒なのです。

 

悩んでふさぎ込まずに、日々ちょっとずつ工夫し、考え方を変えようと努力している姿が私にも伝わってきます。

本人も考え方を直そうとしている、というように言っていました

 

それは とても勇気がいることだと思うのです。

 

辛いことを辛い と思うのはもちろん悲しいですし、自然な心の動きです。

 

ですがその考えに浸りすぎず 前を向こうとすることはとても大変なことなのです。

 

楽しんでいるように見えても それは辛さを跳ね除けるため。

前を向いているよう見えるのも、その分辛さがあったから。

 

 

暗い感情に浸り すぐにしんどいと思ってしまうより

楽しんだり前を向くことの方が

ある意味 覚悟がいると思うのです。

 

 

私も がんばらなきゃな

生きることに前向きになれずすぐに辛いと思ってしまうけれど

早く楽になりたいな なんて思ってしまう私だけど

 

がんばらなきゃな。

生きているのだから生かされているのだから

生きなくちゃ。

 

 

どうか

相談に乗ってくれて自らも頑張っているその方に

辛さを乗り越えながら今を過ごしている方に

これを読んでくださって同じように悩む方に

そして私にも

いつか幸せが訪れますように。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村