雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

モミの木 を思い出す & 初アルバイト

モミの木の季節にはまだ早い時期ですが

私はアンデルセンのモミの木の話をたまに思い出すことがあります。

 

 

先のことばっかり見て、今を楽しもうと大事にしなかったこと。

忠告を受け入れられなかったこと。

 

あとから、いろんな あの時 を思い出して

一番楽しかったんだなあと後悔し、パチパチ燃えていくモミの木。

 

一番の幸せの象徴のお星さままで取られてしまったモミの木。

 

 

「ここにいることをよろこびなさい」

という言葉が蘇ります。

 

 

今 を楽しみ大事にすることなくして、幸せにはなれないのだと思いました。

 

 

周りと比べてしまうと今が見えなくなります。

もっと大きな幸せがあると思うと小さな幸せに気づけなくなります。

 

 

モミの木が、綺麗に飾れられ、注目されることが一番の幸せだったことを思い出し、考えたことがあります。

 

 

私は1人の時間でももっと楽しみを見つけたいと思いました。

 

人と付き合うのが苦手だから一人でいるのではなく、一人の自分が好きだから一人でいたい。

 

誰かと幸せを共有するのはとても嬉しいことだけれど、一人でも別の嬉しさを味わいたい。

 

もっと今の自分を好きになりたいなあ。

 

 

 

今ここ、を見つめること。

私は 見たものを忘れないような、そのときの自分を忘れないような日々を過ごしたいものです。

 

 

 

今日はアルバイトの初出勤でした。

 

頭がいっぱいになる感覚を久々に体験しました。

 

今日教わったことが明日できるか不安でどきどきします。

 

早く覚えられるようにしたいな。

 

感じたことをまた綴りたいです。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村