雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

がんばりたい気持ちと、自分の弱さ

私にとっての初アルバイト、(本当ははじめてではないのですが、ほとんど初めてのようなものなので)2日目を終えました。

 

 

 

丁寧に、スピーディーに。

バイトで求められることは、この二つだと思っています。

 

 

人と関わらない分黙々とテキパキ、作業しなくてはなりません。

 

人と話す必要がないことは、私にとってホッとします。

私のこと、どう見ているのだろう...と気にする必要がないのは楽です。

 

その代わり、ここの店のコーナーや商品を見たとき、お客様はどう思うんだろう...

ということを気にしなくてはいけません。

 

 

 

あとは流れを理解するのが難しく、まだ手間取ってしまいました。

 

まだ覚えていないことがたくさんあり、いっぱい手間取りました。

 

 

昨日は「これが辛かった」というわけでもないのですが、忙しさにびっくりして頭がいっぱいで

家に帰った夜 泣いてしまいました。

 

 

私には覚悟が足りないのかなと思っています。

失敗やできないことに注意されることを恐れてびくびくしてしまうのです。

注意されて当たり前、何を言われたって平気。

そんな風に強くなりたいものです。

 

 

家で泣けてしまったことも、ショックでした。

初めてだとはいえ、どうして気持ちがついていかないんだろう

きっと普通のことだろうに、どうして泣けてしまうほどに弱いのだろう

そんな風に思いました。

 

がんばりたい気持ちはあるのだけど、

弱い気持ちに負けて家に帰ると泣けてきてしまいます。

 

でも、働かず家で何もしないのも罪悪感があったのです。

 

自分は

家で働かず何もしていないことに罪悪感を覚えるのと

働くことによってできる悩みと

どっちがいいのだろう。

 

 

私は新しいアルバイトをがんばりたいのです、なんとか慣れて続けられるようにしたいのです。

 

負けないようにがんばらなくちゃ。

できなくても、やる気があることを見せなくちゃ。

 

でもどうしても、こんな風に綴っている今も泣けてしまいます。気持ち的にしんどいです...

自分の中のパワーや覚悟が足りないのだと思っています。

 

 

がんばらなくちゃ、働く とはこういうことなんだから。

 

何言われたっていいじゃん、

失敗したっていいじゃん、

できなくたっていいじゃん。

 

自分のペースでいいんだから。

やる気があることを見せればいいんだから。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ