雲の向こうは いつも青空

メンタルヘルスと向き合う私の日記

過去のことの整理が必要かな。

たまに...テレビで大学に通っていたとき習ってたことが流れたとき。検査を受ける側になったとき。など、思い出すのです。

 

私は、そういうことを学ぶ勉強は好きだったなあ...と。

不器用で実習についていけなかっただけ。グループのみんなと馴染めなかっただけ。

自分がいけないんだって責めて、それが苦しかっただけ。

 

前よりは、思い出してしまうことは減りましたし、楽になりました。けれどもやっぱり自分が不器用で大学は乗り切れなかったな、と心が痛くなるときがあります。

 

 

やりたかったけどどうしてもやれないことって、やっぱりあるのですよね。

私は自分の心が追いつかなかったかなあと思っています。

そして、まだ完全には、許せていないんだなあと思います。

 

 

少し話がずれますが、

この前、私が目指そうとしている医療事務の仕事を経験したことがある方とお話していて、印象的だった言葉があります。

「レセプト点検のプロ人は、病名聞いただけで検査や処置が予想つく人がいるんだよ」と。

 

 

私は臨床検査の道は諦めたから、今度は医療事務の専門的知識を持つ人を目指すのでいいのかな。

 

そうしたら、臨床検査を最後まで学べなかった悔やみや罪悪感を晴らすことができるかな。

 

 

やっぱり私にとっては、難しい資格の勉強は必要なのかな...と思いました。

それが私にとってできることかもしれないな。

 

 

というように今日も色々と考えるのでした。

 

 

お知らせ

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

今回より、はてなスターを表示しないことにしてみました。

沢山のはてなスターをいただけるのは嬉しいのですが、最近、はてなスターの数を気にしてしまっている自分がいることに気づきました。

それではいけないな、自分の気持ちを素直に綴りたいなと思い、はてなスターを非表示にしました。

今までスターをつけてくださって感謝いたします。

引き続き、雲の向こうはいつも青空 をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村